証拠をつかむ

メガネを手に持った女性

浮気調査のトレンドは、離婚を前提とした探偵事務所の活用です。 最近では、浮気調査の目的がはっきりしている依頼主が増えており、特に離婚協議のために浮気調査を活用するという依頼主が増えていることから探偵側も調査計画が立てやすいというメリットがあります。 どのように利用するのかというと、配偶者の不貞行為が疑わしいケースにおいて浮気調査を利用して浮気の証拠を内密に抑えます。浮気の証拠があるとないとではその後の離婚協議の進行具合に差異が生じてくるほど密接に関係してくるものなのです。さて、不貞行為の証拠を抑えることができれば、離婚協議を有利に進めることができるので、離婚を前提とするのであれば強力な物証となります。

近年、インターネットでの情報のやりとりが盛んに行われるようになった結果として、離婚を前提とした浮気調査の依頼が増えています。どこへ依頼するかというと、探偵事務所や興信所に依頼が増えているということです。 離婚を考えている人たちがなぜ浮気調査を考慮するかといえば、配偶者が不貞行為をしている証拠を抑えることができれば、有無を言わさずに有利な条件で離婚をすることができるからです。 浮気調査は単体による追尾が基本となりますが、その追尾によって不貞行為の動かぬ証拠を抑えることが出来さえすれば、その証拠を活用して有利に離婚協議をすることができます。婚姻関係においては不貞行為は契約違反であり、浮気調査で調べます。