普及の理由

カップル

 企業などの場合には、営業マンが在籍している事が多く、車を使用したり、徒歩での営業活動を行っています。一旦営業マンが外出すると、その人を管理するのが難しくなります。しかし、営業マンの居場所などを突き止める方法として、現在ではgps発信機を内臓したスマートフォンなどをもたせている企業も多くなっています。  gps発信機を利用した場合の価格の傾向としては、入手方法によって、あるいはものによって違いがあります。レンタルでgps発信機を利用する場合もありますが、この場合には、5日間の利用で大体7,000円位の料金になります。これが長期的な利用になると、月額9,800円位という1万円を切った数字で表示している事が多く見られます。自社製品として販売を実施している専門業者もあり、購入する場合には、4万円から5万円位の価格になっています。

 gps発信機の変遷としては、歴史としてはまだ浅いものであるといえます。追跡調査などの場合には、警察や探偵など、専門の業種において実施されていましたが、一般の人がgps発信機を利用できる機会ができたのは、まだ最近になってからの事です。パソコンが普及し始めたのが1980年代の事で、インターネットなどの通信手段が広まったのも、それから暫くしてからの事です。インターネットや携帯電話などの通信手段や機器が進化を遂げていく中で、gps発信機も開発されていく様になりました。  現在では、専門業種の人に限らず、一般の人にもその利用範囲が広がっており、企業においては、各営業マンにgps機能が付いたスマートフォンをもたせるなど、人員管理にも利用されています。